ベストチーム・オブ・ザ・イヤー 2014

BEST TEAM OF THE YEAR 2014

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー 2014

日本のチーム力が世界を変える

ベストチーム・オブ・ザ・イヤーは、その年に最もチームワークを発揮し、
顕著な実績を残したチームを「いいチーム(11/26)の日」に表彰するアワードです。
2014年で7回目の開催となります。

実行委員会は「日本の組織は新しいチームワークを取り入れるべき」と提案します。
それは、団結や協力といった精神論ではなく、スキルが明確なチームメンバー全員が
リーダーシップを発揮することで生まれるチームワークです。

この「新しいチームワーク」の認知向上と理解促進に向け、アワードを開催。
今年も顕著な実績・成果とみなさまの反響をもとに、2014年の「ベストチーム」を表彰式で発表します。

みなさんが最も新しいチームワークを感じるのは、どのチームの取り組みでしょうか?
FacebookやTwitterでご意見をお聞かせください。

700_2014_BTOYall.jpg

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2014 授賞式の様子

ベストチーム・
オブ・ザ・イヤー2014
受賞チーム

2014 AWARD TEAM

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー 一般部門

ふんばろう東日本支援プロジェクト

一般部門

ふんばろう東日本支援プロジェクトチーム

震災復興というたった1つの目的をもとに、日本最大級のボランティア母体に成長。SNSを媒介して、日本人が持つ助け合いの精神をつなぎ、現地を支援し続けています。新たな社会活動モデルを作った影響力を評価しました。

詳しくはこちら

このチームを応援する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「妖怪ウォッチ」プロジェクトチーム.jpg

一般部門

「妖怪ウォッチ」プロジェクトチーム

発売から現在に至るまで、日本中の支持を集めている妖怪ウォッチ。ゲームの枠を超えた社会現象を巻き起こし、日本を代表するクロスメディアプロジェクトになりました。類いまれない成果と話題を創出した点を評価しました。

詳しくはこちら

このチームを応援する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WHILL開発チーム

一般部門

WHILLプロジェクトチーム

1人の車いすユーザーの声からプロジェクトが始まり、クラウドファウンディングを通じて資金を調達。福祉機器にクリエイティビティを掛けあわせ、これまでにない次世代車いすを創り上げたWHILL。チームの取り組みの革新性を評価しました。

詳しくはこちら

このチームを応援する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

審査員

EXAMINER

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会 委員長 齋藤孝氏

齋藤孝

明治大学 教授

東京大学法学部卒。東京大学大学院教育学研究科博士課程を経て現職。
専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。

著書に『声に出して読みたい日本語』『雑談力が上がる話し方』『人はチームで磨かれる』など多数。
NHKEテレ「にほんごであそぼ」総合指導、TBS系「あさチャン!」MCなどを務めている。

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー 実行委員会 おちまさと氏

おちまさと

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー総合プロデューサー

1965年12月23日東京都生まれ。プロデューサー。 
数多くの人気番組やWEBサイトの企画、ファッション、企業ブランディングまでジャンルを越えて活躍。

「対談の名手」として雑誌や書籍のインタビュアーを務めることが多く、またブログやツイッターが高いアクセス数を誇り情報キュレーターとしても信頼度が高い。 企業・学校などでの講演活動も行う。 近年では、大和ハウス工業の街作りや東京スカイツリーソラマチ室内遊園地「東京こども区こどもの湯」の総合プロデュースも手掛ける。

厚生労働省イクメンプロジェクトメンバー、経済産業省「クール・ジャパン戦略推進事業・企業マッチンググランプリ」総合プロデュースも務める。
著書も多数出版。

協賛

EXECUTIVE COMITTE

後援

SUPPORTER

pagetop