日本のチーム力、ここにあり――ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2012 表彰式レポート

日本のチーム力、ここにあり――ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2012 表彰式レポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このチームを応援する

「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」は、「チームが生み出した実績」「組織力」「チーム内外の満足度」の3要素を総合的に評価し、国内外を問わず、社会的・経済的に高い実績・評価を獲得した製品やサービス・コンテンツを生み出した“チーム”に賞を贈るアワードです。
5回目を迎えた今回のアワードでは、これまでの「一般企業部門」に加え、新たに「スポーツ部門」「芸能文化部門」「特別賞」を新設し、計8つの多彩なチームを選出・表彰しました。

総合プロデューサー おちまさと氏によるあいさつ

まずは「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2012」審査員兼当アワード総合プロデューサーのおちまさと氏のあいさつです。

「日本は近い将来、世界中でどの国も未体験の少子高齢化社会に突入します。また、15年連続で3万人以上が自殺するという国でもあります。自殺の原因の第一位が人間関係です。そんな苦境に立たされている今、もう一度ここで踏ん張ってやろうじゃないかというきっかけを与えてくれたベストチームを、審査員一同で選りすぐりました。ぜひ最後まで楽しんでください」(おち氏)

2012 おちまさとさん

その後、実行委員長の一橋大学名誉教授 野中郁次郎氏と、審査員の有森裕子氏が登壇し、授賞式が始まりました。

特別賞 LDH株式会社

株式会社LDHは、EXILEが所属する芸能事務所であり、長年に渡ってダンス教室を運営しています。さまざまな世代にダンスを通じたチームワークを伝えている点を評価いたしました。

「LDHはEXILEを始めとする数々のグループのアーティストをマネジメントしています。まさにチームワークをテーマに、スタッフ一丸となって同じ方向に向かって活動しています。来年も受賞できるよう、さらにチームワークを高めながら頑張りたいと思います」(森氏)

代表取締役副社長 森雅貴氏

一般企業部門

一般企業部門の優秀賞を受賞した4社の中から、最優秀賞が発表されました。

東武タワースカイツリー株式会社 東京スカイツリー運営チーム

2012年5月22日にグランドオープンした東京スカイツリー。開業から半年で来場者数は約328万人となり、世界一高い自立式電波塔として、東京の新名所として話題のスポットとなっています。

「2008年7月の着工から3年8カ月の工事期間を経て、2012年2月29日に完成しました。その間、工事に携わった方は58万人、地元の墨田区のみなさん23万人、開業から今日まで毎日展望台の運営をしているスタッフは1000人に上ります。今回の受賞はスカイツリーのプロジェクトにかかわったすべてのみなさんのチームプレーの結果です。どうもありがとうございました」

東武タワースカイツリー株式会社 取締役社長 鈴木道明氏とソラカラちゃん

LINE株式会社、「LINE]開発チーム

無料通話・無料メールのスマートフォンアプリ「LINE」は、若者を中心に爆発的に普及しました。サービス開始から1年強で、全世界の登録ユーザー数が7,000万人を突破。その急成長ぶりが注目されています。

LINE株式会社 執行役員/ CSMO ウェブサービス本部事業戦略室 室長 舛田淳氏

株式会社ジェイアイエヌ 「JINS PC」プロジェクトチーム

昭和63年に創業からさまざまな試行錯誤を繰り返し、「JINS PC」を世に送り出したのが、株式会社ジェイアイエヌです。2012年の爆発的なヒットを生み出した同社は、現在業界トップの売り上げを誇り、市場の勢力図を塗り替えています。

株式会社ジェイアイエヌ マーケティング室マネージャー 矢村功氏

株式会社アワーズ アドベンチャーワールド パンダ育成チーム

これまで12頭ものパンダの繁殖に成功しており、2012年8月にも赤ちゃんが誕生しました。自然交配が非常に難しく、絶滅危惧種にも認定されているパンダの繁殖を成功に導く飼育チームのチームワークを評価しました(授賞式は都合により欠席されています)。

芸能文化部門

テルマエ・ロマエ制作チーム

映画「テルマエ・ロマエ」は日本のみならず、世界20以上の国や地域から公開オファーを受け、トロント国際映画祭を始めとする、多くの海外映画祭にも招待されました。

「制作の裏側では、クランクインの3日前に大震災がありまして。ものすごくおバカな映画を作ろうと始めたのに、一度はもう作れんじゃないかと中断したりもしました」(稲葉氏)

「その後、今自分たちにできるを考え、見た人が少しでも嫌なことを忘れて楽しんでくれる映画を作ろうと再出発しました。そこから現場にチームワークというか、ものすごいエネルギーが生まれました。今回の(テルマエ・ロマエ)チームはベストチームだったよねとよく話していたのでこういう形で賞をいただけたことを本当に嬉しく思います」(稲葉氏)

「震災で心が折れかかった状況でも、周囲の頑張ろうという励ましがあり、最後まで撮ることができました。チームワークは大切だなと感じました」(武内氏)

ドラマ演出家・映画監督 武内英樹氏(左)とプロデューサーの稲葉直人氏

スポーツ部門

ロンドンオリンピック団体戦で活躍したメダリストチームは、スポーツを通じて感動とチームワークの大切さを伝えてくれました。今回は各団体チームを代表して、3選手が登壇しました。

フェンシング 太田雄貴選手

「北京オリンピックでも個人でメダルを獲ったのですが、この賞は団体チームに与えられるものなので、本当に嬉しく思っています。また4年後に表彰していただけるよう、今後もフェンシングの普及やリオデジャネイロ(オリンピック)に向けてチームで頑張りたいと思います」

2012 太田選手 アーチェリー 蟹江美貴選手

「アーチェリーの団体では初のメダルとなりました。私だけの力だけではなくて、川中選手・早川選手の力があってとれたメダルですし、この賞も私だけではなくチームみんなのものだと思っています」

2012 蟹江選手 卓球 平野早矢香選手

「北京オリンピックの終了から4年間、チーム一丸となって目指してきたロンドンオリンピック。メダルにやっと手が届いて、本当に嬉しいです。卓球界の中では日本が一番チームとしてまとまっていて、素晴らしかったと思っています。今後も応援をどうぞよろしくお願いします」

2012 平野選手

芸能文化部門 特別賞:冨永愛&土屋アンナ「ミューズ」チーム

トップモデルとして日本のファッション界を担い、20代を中心とする女性やママの憧れの的である冨永愛さんと土屋アンナさん。2012年は二人での活動が目立ち、素晴らしいチームワークを見せてくれました。

「公私ともに仲良くしているアンナと一緒にこの賞がとれたのが、とてもうれしいですね。ママ友として、仕事仲間として、ものすごく信頼できる彼女と友達になれて、こんな賞までもらえて、本当に嬉しいです」(冨永さん)

「何をいただいても嬉しいけど、愛ちゃんと一緒に賞をもらえたのは一番ですね。プライベートだけじゃなく、違う分野でモデルとして仕事をしている中でも、お互いにリスペクトするという気持ちがあります。モデルの愛ちゃん、アーティストでモデルの私。私たちは『ミューズ』チーム――ミューズという言葉がアートを総称している――ですね」(土屋さん)

2012 冨永愛&土屋アンナ

ビジネスシーン チームワークトークセッション

一般企業部門を受賞した3社と、芸能文化部門特別賞を受賞した冨永さん&土屋さんのお二人をゲストに迎え、ビジネスシーンでのチームワークについてトークセッションが開催されました。

2012 パネルディスカッション01

Q.日本のビジネスにおいて、強固なチームワークを築くために大切だと思うことは?

2012 パネルディスカッション02

Q.受賞されたみなさんの来年の展望は?

芸能文化・スポーツチーム チームワークトークセッション

そして次は、芸能文化部門/スポーツ部門を受賞されたみなさんによる“チームワーク”についてお話いただきました。

2012 パネルディスカッション03

Q.映画制作は長期間に渡るが、チームワークの重要性は?

Q.種目が違うメダリストチームのみなさんが、オリンピック中や普段の活動中にチームワークを築く上で大切にされていることは?

Q.みなさんの来年の抱負をお聞かせください

豪華な登壇者のみなさんによる表彰式の模様は、いかがだったでしょうか。チームは何も特別なものではなく、みなさんの身近にもいろんな形で存在しています。2013年も素晴らしいチームと出会えることを、実行委員会一同楽しみにしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このチームを応援する

pagetop