東京五輪招致チームに学ぶ「本当に伝わるプレゼン」の秘訣とは?――「ペラペラしゃべらない」「シンプルを極める」

東京五輪招致チームに学ぶ「本当に伝わるプレゼン」の秘訣とは?――「ペラペラしゃべらない」「シンプルを極める」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このチームを応援する

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを実現させた招致委員会チーム。このチームを現場のリーダーとして引っ張ったのがミズノ前会長で招致委員会副理事長の水野正人さんです。招致委員会のメンバーは東京都庁や民間企業から出向のかたちで招集された方々の混成チームで総勢約130人。仕事のやり方も考えも異なるメンバーをまとめていくには、様々な工夫が必要でした。


水野さんはいかにこのチームとして1つにまとめ上げて、東京招致という成果を生み出したのでしょうか。今回、教育学者でベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会 委員長の齋藤孝教授が水野さんの方法を分析しつつ、その秘密に迫りました。後編はチームの動かし方と本当に伝わるプレゼンテーションの方法に迫ります。(前編:「東京五輪 招致委員会に学ぶ、土壇場で負けないチームの作り方と誰もができるリーダーのふるまいはこちら。)

和の助け合い精神は本当に過去のものなのか?

成果を上げるにはタテよりヨコの連携

水野正人 招致委員会副理事長・専務理事。1943年生まれ。甲南大学経済学部卒、米ウィスコンシン州カーセージカレッジ理学部卒。70年ミズノ入社。88年よりミズノ社長、会長を歴任。2011年より現職。






男女をミックスしたほうがアイデアは出やすい






「自己実現」よりも「他者実現」が大事

齋藤孝 明治大学教授。1960年生まれ。東京大学法学部卒。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。「齋藤メソッド」という独自の教育法を実践。著書に『声に出して読みたい日本語』『雑談力が上がる話し方』『人はチームで磨かれる』など多数。

プレゼンではキーワードを3つに絞る

英語はペラペラと早くしゃべらなくてもいい

プレゼンの基本はシンプルであること

水野正人さんと齋藤孝さん ベストチーム・オブ・ザ・イヤー特別対談

全員で身体を動かすことでチーム力は高まり、成果が生まれる

齋藤孝さんと水野正人さん

執筆・構成:國貞文隆/撮影:谷川真紀子/編集:藤村能光

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このチームを応援する

pagetop