”巻き込む力”が最小で最強のチームを育てる!?──世界初の視認追跡装置を生んだFOVE開発チーム

”巻き込む力”が最小で最強のチームを育てる!?──世界初の視認追跡装置を生んだFOVE開発チーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このチームを応援する

今年の「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー2015」受賞チームの1つ、世界初の視線追跡型VR(バーチャルリアリティー)ヘッドマウントディスプレイ「FOVE」

FOVEは、ハードウェアの分野で、日本から世界にチャレンジする数少ないスタートアップだ。2014年5月の創業後にKickstarterのキャンペーンを立ち上げ、約1,500名の支援者から48万ドルを調達したり、Samsung Venturesから資金調達を果たすなど、国内外から高い注目を集めている。

今回は、FOVEの創業者 小島由香さんと、プロジェクトマネージャーの金子大和さんにインタビューを実施。シード期からアーリー期へと、次の一歩を踏み出したばかりのFOVEが、まさに今、対峙している苦悩と、これからチームとして目指すべき道について、詳しく話を聞いた。

af4d0ae28d0caba22f36031397e9d81e3f918f5a.jpg

「じゃあ、作る?」から生まれたFOVE

DSC_8238_.jpg

20151013_FOVE_8286_.jpg

“巻き込み女子”が率いる最小で最強のFOVEチーム

DSC_8296_.jpg

“本社はアメリカ、開発拠点は日本”の理由

20151013_FOVE_8246_.jpg

『Eye Play the Piano』がVRの未来を変える

       

2014-12-18_13_Fotor.jpg『Eye Play the Piano』プロジェクトに関わった人々

20151013_FOVE_8281_.jpg

チームが成長する過程でぶつかる大きな壁

DSC_8305_.jpg

今後1〜2年で勝負が決まる

DSC_8213_.jpg

(執筆:野本纏花/撮影:尾木司)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このチームを応援する

pagetop