特集企画

SPECIAL FEATURE ARTICLE

今月のベストチーム

IMG_2917.jpg

今月のベストチーム

義足の選手が、健常者の記録を超える日──各自の得意領域にフォーカスする Xiborgのチ...

今年はリオのオリンピックが開催され、2020年には東京でのオリンピックの開催も控えている。オリンピックの開催に合わせて注目が高まるのがパラリンピックの開催だ。 1960年から開催されているパラリンピッ...

詳しくはこちら

DSC_3366.jpg

今月のベストチーム

ふるさと納税をきっかけに、熊本を資金と人材面から支える──茨城県境町のチーム

自分が貢献したい都道府県や市区町村へ寄付をすると、住民税や所得税から一定の控除が受けられる「ふるさと納税」。少ない負担額で大きな減税効果が期待できると、人気を博しています。 通常、ふるさと納税といえ...

詳しくはこちら

DSC00193.jpg

今月のベストチーム

歩行が困難な人でも自力で“漕げる"、世界で唯一の足こぎ車いす『COGY(コギー)』

もう一度、自分の足で歩きたい—──そんな夢を持つ人々の希望の光となっている『COGY』は、「下半身がまったく動かせない人たちをもう一度立って歩かせたい」と、東北大学の医学部と工学部の連携チームが20年...

詳しくはこちら

DSC_3943760.jpg

今月のベストチーム

「足が速いわけでも、力が強いわけでも、ラグビーがうまいわけでもない」 ──それでも金メダ...

いよいよ4ヶ月後に迫ったリオデジャネイロオリンピックから、新たな正式競技に加わるセブンズ(7人制ラグビー)。 15人制と同じ長さ100メートル×幅70メートルの広大なフィールドを使い、ほぼ同じルールであ...

詳しくはこちら

この特集をもっとみる

最強チームの作り方

IMG_9417 (2).jpg

最強チームの作り方

佐藤可士和事務所のメンバーはどのように仕事をしているのか?上司としての可士和さんとは──...

ユニクロやセブン-イレブンなど数多くの企業のブランディング、トータルプロデュースを手がけるクリエイティブディレクター、佐藤可士和さん。多岐に渡るその作品群は、鮮烈かつ明快な印象をもたらしながらも、私たち...

詳しくはこちら

DSC_8963760.jpg

最強チームの作り方

お金で動かない人を動かすには?──ふんばろう東日本支援基金 西條剛央氏 × 鎌倉投信 新...

2015年6月、「いいチームをつくりましょう」をテーマに講演会が行われた。 登壇したのは、昨年の「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した日本最大級となる被災地支援のボランティア組織「ふんばろう東日本...

詳しくはこちら

IMG_9801700.jpg

最強チームの作り方

NOをYESにする「魔法の言葉」とはーーチームコミュニケーションにおける「伝え方が9割」...

前回に引き続き、円滑なチーム運営、チームコミュニケーションをするための具体的なコミュニケーションのコツとは何か。58万部のベストセラービジネス書『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんと探る。 「一緒に」と...

詳しくはこちら

IMG_9812 (700.jpg

最強チームの作り方

ギスギスした関係の原因は「想像力の不足」――「伝え方」を鍛えて円満になるコツ

例えば、仕事を依頼することが下手な上司に部下はどう対処すればいいのか。もっとお互いに良い気持ちで、良い仕事をするにはどうすればいいのか。結局のところ、仕事とは人間関係を形成する「伝え方」によって左右される...

詳しくはこちら

この特集をもっとみる

ヒット番組を支えるチーム

IMG_9492760.jpg

ヒット番組を支えるチーム

人気番組なのに出演拒否!? 『しくじり先生』 制作チームがこだわる「ぶっつけ本番のドキ...

テレビ朝日系(毎週月曜よる8時)で放送中の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。過去に大きな失敗をしたことのある著名人を「しくじり先生」として講師に迎え、生徒たちに同じような過ちを犯さないようにと授業...

詳しくはこちら

IMG_0910.jpg

ヒット番組を支えるチーム

経済学番組なのに、なぜかまったり。生存競争が激しいTV番組のなかで「オイコノミア」が3年...

テレビ番組は一般的に2クール(半年)で視聴者からの反響を見て、放送継続か新番組へ移行するかが決まるシビアな世界。若者向けに経済学をわかりやすく解説するテレビ番組「オイコノミア」(NHK Eテレ)は、201...

詳しくはこちら

学生向け「チームワーク」体験プログラム

9872d05e9030d1c2c8803bfb3eb5c06d0a3f5e16.png

学生向け「チームワーク」体験プログラム

学校では教えてくれない「チームワーク」「仕事」「お金」「政治」──中高生のための夏の1日...

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会が、学生のために主催する「ビジネスチームワーク」体験プログラム。今回は “高校生のための夏の1日授業―ハタチまでに学びたい未来のつくり方”と題して、中・高校生と夏の...

詳しくはこちら

DSC05430.JPG

学生向け「チームワーク」体験プログラム

コスパより「理想」を追え!──藤代ゼミで行った大学生向けチーム議論のメソッド

サイボウズ株式会社が、法政大学社会学部メディア社会学科の藤代裕之研究室の学生に行った「ビジネスチームワーク体験」プログラム。 前編では、「チーム」や「チームワーク」の基礎となる考え方について学びました。後...

詳しくはこちら

DSC05271.JPG

学生向け「チームワーク」体験プログラム

ゼミの活動を効率的にするにはどうすればいい?──チーム運営に必要な基礎を学ぶ「チームワー...

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会が、学生のために主催する「ビジネスチームワーク体験」プログラム。過去2回、高校生と、中学生に授業してまいりました。今回は、サイボウズ株式会社が大学生に行っている2...

詳しくはこちら

IMG_9475.jpg

学生向け「チームワーク」体験プログラム

思った通りにいかないことから学べるものは?──女子中学生の「チームワーク体験授業」

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会が、学生のために主催する「ビジネスチームワーク体験」プログラム。大好評だった高校生向け授業を経て今回は、“学校紹介動画を作ってみよう”をテーマに、初の出張授業を開...

詳しくはこちら

この特集をもっとみる

社会を変えるチーム創造

12167733_867915699944676_281071660_n.jpg

社会を変えるチーム創造

プレーだけがスポーツの魅力? 広まるスポーツを通した社会との活動──第2期「次世代リーダ...

第1期の取り組みから、移住フェスが生まれ、地方創生の追い風も相まって、地方の可能性を世に示した「社会を変えるチームを創造するフューチャーセッション」。第2期からは、スポーツの可能性を世に示す動きが出てき...

詳しくはこちら

image1.jpeg

社会を変えるチーム創造

3ヵ月のトライアルを経て強くなった社会を変えるチーム、本格始動。──第2期「次世代リーダ...

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会主催の「社会を変えるチームを創造する」フューチャーセッションは、第2期も最終回を迎えました。 前回セッションから約3カ月。この間に各チームは、自分たちの活動が世...

詳しくはこちら

hyo760.png

社会を変えるチーム創造

人口減少のなかで、いかに地域が元気であり続けられるか──移住フェス for 公務員

回を重ねるごとに注目度が高まる「移住フェス」。今回は番外編として、“移住のリアルな声から考える、私たちのまちとは” をテーマに、移住・UIターンの担当をされている行政職員の方を対象とした「移住フェス f...

詳しくはこちら

IMG0394700.jpg

社会を変えるチーム創造

共感を得るには?持続可能なチームにするには?──第2期「次世代リーダー フューチャーセッ...

第1期で実際に社会を変えるチームを生んだ「次世代リーダー フューチャーセッション」。第2期が幕を開け、第1回、第2回と参加者の思いが共有されつつ、今回が3回目のセッション。参加者のモチベーションもあがり、...

詳しくはこちら

この特集をもっとみる

若手リーダーが壁を超える時

btoy-hasegawa keyvisual.jpg

若手リーダーが壁を超える時

文化系トークラジオ Life プロデューサー直伝、非主流社員が会社で生き抜く7つの考え方

「ガッツがあって、ノリが良くて、コミュニケーション能力も高い。そんなテレビ局のパワフルな雰囲気に圧倒されてついていけなかったんです……」 こう語る長谷川裕さんは、TBSラジオの人気プロデューサーです。...

詳しくはこちら

7595753710_46aca2daca_b.jpg

若手リーダーが壁を超える時

84世代のマイプロジェクト実践者が振り返る「チーム作りの成功・失敗体験談まとめ」

初めまして、江口晋太朗です。普段は、編集者やコンテンツディレクター、ジャーナリストとして、政治行政などの社会問題からスタートアップやテクノロジー、サイエンス、デザインなどのさまざまな領域を横断して活動し...

詳しくはこちら

yu-taniguchi01.jpg

若手リーダーが壁を超える時

「リーダーがやるべきことは断言」「細かなプロセスに首を突っ込まない」――宣伝会議 編集長...

「私自身が日々悩んでますし、まだまだリーダーの勉強中なんですよね」はにかみながらこう答えてくれたのは、株式会社宣伝会議の谷口優さん。20代から編集長を務め、雑誌やWeb、書籍企画を担当しながら、編集部...

詳しくはこちら

なんなんだ、このチーム!?

Qiita-keyvisual.jpg

なんなんだ、このチーム!?

Qiita「成果が出るチーム思考」の秘密――「飲みでも敬語は崩さない」「議論ありきのリー...

プログラマが幸せに働ける環境を提供したい――。そんな思いで生み出され、いまや約50万の月間UUを誇る「Qiita(キータ)」。プログラミングの知識を記録・共有するサービスで、多くのプログラマから愛され...

詳しくはこちら

TOM-eyecatch02.jpg

なんなんだ、このチーム!?

「なんでこの人が自分より上なの?」って葛藤、イヤじゃないですか――あえて失敗しながら深め...

Facebookページの「いいね!」は1300万を突破! アニメやマンガのオタクコンテンツを世界に発信し、世界中のファンを魅了する「Tokyo Otaku Mode」(以下、TOM)。前編ではTOMの...

詳しくはこちら

TOM-eyecatch01.jpg

なんなんだ、このチーム!?

オタクカルチャー発信源「Tokyo Otaku Mode」に1300万いいね!――「やり...

日本のオタクコンテンツを翻訳し、Facebookを使って海外にコツコツと発信し続けた。そのページは今や1300万いいね!を超え、日本人が立ち上げたページとしては有数の支持を集めています。 このプロジ...

詳しくはこちら

001_IMG_7810_keyvisual.jpg

なんなんだ、このチーム!?

中毒女子急増中?――女心くすぐるフリマアプリを男性中心チームが生み出せた理由

女の子の心をとらえて離さず、中毒にさせる――。そんなスマホアプリが「Fril」です。女性が手軽に古着を売買できるサービスで、取り扱い商品数は200万点超。女性同士が積極的にユーズドファッションを売り買...

詳しくはこちら

この特集をもっとみる

チームメソッド

fca76e18cd4ef001136e36bb5002db2c.jpg

チームメソッド

当たり前だからこそ難しい? リーダーを目指す人が必ず見直しておきたい5つの素養

あなたはいつか組織のリーダーになりたいと思っていますか? 言うまでもなく、素晴らしいチームには、素晴らしいリーダーが不可欠です。 起業家や経営者に役立つ実用的な情報を提供している「Inc.com」の記...

詳しくはこちら

ベストチーム・リサーチ

BTOY_hikitsugi_Mainvisual.jpg

ベストチーム・リサーチ

若手ビジネスパーソンの7割が仕事の「引き継ぎ」に不満

その年の「ベストチーム」を表彰し、チームワークの向上を考えるベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会は2013年3月19日、部署異動に関する引き継ぎの実態調査の結果を発表しました。結果を元に、名古屋商科...

詳しくはこちら

pagetop