NOをYESにする「魔法の言葉」とはーーチームコミュニケーションにおける「伝え方が9割」術

NOをYESにする「魔法の言葉」とはーーチームコミュニケーションにおける「伝え方が9割」術
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に引き続き、円滑なチーム運営、チームコミュニケーションをするための具体的なコミュニケーションのコツとは何か。58万部のベストセラービジネス書『伝え方が9割』の著者、佐々木圭一さんと探る。

「一緒に」という言葉だけでチームコミュニケーションが変わる

一番のポイントは「一緒に」という言葉です。例えば、上司に「明日までにこの資料をつくっておいて」と言われるより、「一緒につくってくれない?」に言われたほうが、よほど部下はやる気になると思うんです。

こんなことってありませんか? 女性同士で「一緒にトイレに行かない?」と言われたら、自分がトイレに行きたくなくてもとりあえず行ってしまう。男性同士でも「一緒にコンビニ行かない?」と言われたら、とくに用事はないけれど「じゃあ、行こうかな」という気持ちになる。

なぜそういったことが起こるのか。それは人が一人で何かをやるのではなく、一緒にやること自体が本能的に好きだからなのです。何かを誰かと一緒にやる。それこそ、チームワークの原点ですよね。

同世代にお願いする場合はとくにそうでしょうね。同世代は上下関係がないため、逆にお願いしにくい場面があるのではないでしょうか。例えば、会議に遅れがちな同期に対して、「時間通りに来いよ」というのではなく、「一緒に会議がスタートできるように、一緒に会議室に行こう」と言うと命令ではなくなりますね。
「一緒に」という言葉は、あえて上下関係をつくらないようにする方法なのです。

DJポリスも使った「NOをYESに変える技術」

かつて話題になったDJポリスもまったく同じ技術を使っています。
普通のお巡りさんなら、群衆に対して「車道に出るのはやめなさい」と上から目線で言うところを、DJポリスは「目の前にいる怖いお巡りさんも、皆さんと一緒で日本のワールドカップ出場を喜んでいるんです。同じチームメイトです。チームメイトの言っていることを聞いてください」と諭しました。それを聞いた群衆の間では、拍手が巻き起こったといいます。いわば、「一緒のチームメイトである」とDJポリスが言ったことで、モードチェンジが起こったのです。
20140821team_500.png

人は毎日いろんなお願いをしています。私が数えたところ、働いている人なら、朝起きてから寝るまで、1日に22回もお願いをしているのです。
それだけお願いして、YESのときもあれば、NOというときもある。でも、「一緒に」という言葉で、そのうちのいくつかをNOからYESに変えることができるのです。
この技術は、今までNOだったものを100%イエスに変える技術ではありません。でも、その可能性を引き上げることができるのです。

誰でも持っている「認められたい」という欲

人には必ず「認められたい」という欲があります。
例えば、自発的に仕事をしようとしない部下に対して「しっかりやれ」と叱咤するのではなく、「君には期待しているんだ」という言葉を使ってみる。「君が考えるように、どんどん進めて。サポートするから」と部下が自分で考えるように促すことで、自発的に動くようになるのです。そのほうが部下もやる気になるでしょう。

まったく同じ内容を言うのであっても、伝え方によって結果が変わるということです。トークが上手な人でなくても、伝え方には料理のようにレシピがあって、レシピに沿って伝えることによって、誰でも今まで以上にNOをYESに変え、自分も相手もハッピーになることができるのです。

チームワークの考え方は、イソップ童話の「北風と太陽」と同じことなのです。この童話は、北風と太陽が力比べをして、どちらが旅人の上着を脱がすことができるのかという話です。北風は思いっきり風を吹かせて、上着を吹き飛ばそうとしますが、強く吹けば吹くほど旅人は上着を握りしめてしまう。一方、太陽はぽかぽか陽気にして、旅人が自分から上着を脱ぐようにしました。

コミュニケーションもこの童話と同じで、相手がそうしたくなるように言ってあげればいいのです。仕事はほとんどがチームワークで動くものです。自分ひとりでできることは限られています。むしろ誰かに何かをお願いしてやってもらうほうが、ビジネスシーンでは多いはずです。そのとき、相手が面倒くさい、やらされていると思いながらやるか、相手がハッピーになってポジティブになるかは、伝え方次第であり、それによって仕事のパフォーマンスも人間関係も変わってくるのです。

 

(取材・執筆:國貞文隆/撮影:橋本直己/企画編集:椋田亜砂美)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop