プレーだけがスポーツの魅力? 広まるスポーツを通した社会との活動──第2期「次世代リーダー フューチャーセッション」番外編

プレーだけがスポーツの魅力? 広まるスポーツを通した社会との活動──第2期「次世代リーダー フューチャーセッション」番外編
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第1期の取り組みから、移住フェスが生まれ、地方創生の追い風も相まって、地方の可能性を世に示した「社会を変えるチームを創造するフューチャーセッション」。第2期からは、スポーツの可能性を世に示す動きが出てきそうです。

「何かしたい」という気持ちはみんな持っている

「サッカーというスポーツそのものがとてもメジャーで、発信力も強い。そういったところから、選手は”社会に対して何かできることがあればしたい”という意識はもっていると思う。」

IMG_87901.jpg

発信力の強さを自覚して、様々な社会的活動に積極的に取り組むようになったというのは、サッカー元日本代表選手の秋田豊さん。

「野球をやめ、何か自分から動きたいなと思ったときにこの取り組みを知りました。自分でも何かできることがあるのならばと思い、協力しています。本当に小さな力ではありますが、何かできること、役に立てることがあるのであれば、どんどんしたいと思っています。」

583b35d627a51a0c200606336e747353c0db7328.jpg

昨年立ち上がった「野球で、人を救おう。」というNPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーションの活動に賛同しているプロ野球OBの1人、元千葉ロッテマリーンズ投手の薮田安彦さん。

それぞれ第一線にいた選手が、社会との接点を何かしら持つことに対してとても積極的だということは、この第2期の活動を通して初めて見えてきたことでした。

今回のレポートでは、普通のビジネスパーソンから、”スポーツと日常の橋渡しをすること”を仕事に変えた2人の参加者に焦点を当て、以下で詳しくみてみます。

「見るもの」「するもの」だったスポーツ

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会が主催した「チーム」を生み出す活動である、社会を変えるチームを創造するフューチャーセッション(第2期)では、スポーツをテーマにしたチームが3チーム生まれました。
そのうちの1つ、サッカーという親しみやすい活動を通しながら、防災意識を高めていきたいという「サッカー×防災」チームを立ち上げた荒昌史さん。

「共感してくれる仲間を求めてセッションに参加した」という荒さんに、なぜサッカーと防災とを結び付けたのか聞いてみました。

8Q4A3854.JPG「サッカー×防災」チーム プロジェクトリーダーの荒さん

すでに自分が行っている事業の可能性を探るべく参加した荒さん。セッションでは共感する仲間も集まり、「サッカー×防災チーム」は、各チームが自分たちの活動を実践してみるトライアル期間に、COLO CUP を開催しました。

"これからの防災減災と震災復興" を大会のコンセプトとし、身体を動かしながら非常時のトイレについて学んだり、参加者一人ひとりが自分の身を守るための「マイ・ディフェンス」を持つようなワークをするなど。そういったメニューも仲間と議論して生まれたものだそう。

当日にゲストコーチとして参加した秋田豊さんは、今回の参加で2回目とのこと。ご自身の思う「防災」や「スポーツの持つ力」について少し聞いてみました。

選手の「実績」はプレーだけじゃない

ボストン・レッドソックスが成し得たことを日本でも

サッカーだけでなく野球の分野でも、その発信力の大きさを活かして新たな活動が始まっています。

アメリカの野球チームの市民への影響力の大きさを体感して、昨年夏にNPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション(以下「BLF」)という野球を通した社会活動の団体を立ち上げた岡田真理さん。 今回この第2期のセッションにも、サポーターとして参加していただきました。

8Q4A3800.JPGNPO法人ベースボール・レジェンド・ファウンデーション代表の岡田真理さん

BLFでは、海外で進んでいるスポーツマネジメントやコーチング、トレーニングを学び、将来日本のスポーツ界の役に立ちたいと考える学生の留学費用の一部を負担する奨学金プログラムを最初に立ち上げ、早速奨学生も出ているとのこと。

BLFの活動に賛同しているプロ野球OBの1人、元千葉ロッテマリーンズ投手の薮田氏もこういいます。

DSC_4103_.jpg

スポーツが文化として継承され、発展し残っていくためには、見る人やする人以外とも接点があることが重要と岡田さんは言います。

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会では、若手ビジネスパーソンの「これを解決したい」「この”好き”を広めたい」という想いを、行動に起こしていくプロセス(チームづくり)の支援を続けています。

(撮影/尾木司・加藤遼也)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop