リーダーになりたくない若手が7割、倍返ししたいと思ったビジネスパーソンは4割

若手ビジネスパーソンに聞いた「職場のチームに関する調査」

若手の7割が「リーダーになりたくない」、「倍返ししたいと思ったことがある」ビジネスマンは4割
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その年の「ベストチーム」を表彰し、チームワークの向上と促進を提案するベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会(委員長:おちまさと、以下:実行委員会)は、企業内のチームワークに関する調査の第7弾として、全国の会社員(24~33歳)男女200名を対象に「職場のチームに関する調査」を実施しました。

若手ビジネスマンが職場の「チーム」に対してどのように思っているのか、現在の職場で所属するチームへの満足度、不満の吐き出し方、リーダーへの希望について聞きました。

また、TBSで放送中のドラマ「半沢直樹」のヒットにより職場の上下関係に注目が集まっています。「やられたら、倍返しだ」という、理不尽な扱いを受けた際に主人公が上司に放つ決め台詞が話題になっていることから、上司に対して「倍返し」を考えたことがあるかどうかについても尋ねてみました。

図40

調査概要
調査対象 全国の24~33歳の会社員男女200名
調査期間 2013年8月26~27日
調査方法 インターネット調査

職場のチームには満足しているが、「リーダーにはなりたくない」

現在働いている職場でのチーム(※)の満足度を聞いた質問では、「満足している」と回答した人が6割いました【図1】。一方で、そのチームのリーダーに今後なりたいかどうかを聞いた質問では、約7割が「なりたいと思わない」と回答しました【図1-2】。

リーダーになりたくない理由について尋ねたところ、「性格的にリーダーが向いていない」「引っ張るより支えるほうが好き」といった自分の適性がリーダーではないことを理由にしたものがもっとも多く、次に「責任が重い」「面倒」「給与と仕事量等が見合わない」という理由が続きました。

また、リーダーへの希望について男女比をみると、「リーダーになりたい」と回答した男性は4割強いる反面、女性は2割未満の回答者となり、大きな差が出ました【図1-3】。

  • ※プロジェクトチームのほか、部や課、係など複数人で業務をする単位として質問。
  • 【図1】(画像リンク)
    満足640

    【図1-2】リーダー640

    【図1-3】リーダー、職場

    職場のチームにおける不満要素トップ3は「コミュニケーション不足」「役割分担が不明瞭」「非効率」」

    現在の職場のチームに不満があると回答した人にその理由を尋ねたところ、半数が「コミュニケーションが円滑でない」と回答しました【図2】。コミュニケーション不足の詳細として「上司とあわない(30歳男性)」や、「協力できずうまくまわっていない(28歳女性)」という回答がありました。次に役割分担に関する不満と、「仕事の進捗が共有されない(32歳女性)」「ホウレンソウが細かすぎて進まない(33歳男性)」といった業務効率の低さへの回答が続きました。

    また、職場の不満の解消方法を聞いた質問では、「同じ職場の別部署の仲間や先輩に相談する(飲み会含む)」がもっとも多く、続いて「同部署の仲間や先輩への相談」「上司に相談」と続きました。趣味や運動といった仕事とは違う方法で解消する人は、そう多くない結果となりました【図3】。

    【図2】職場の不満

    【図3】職場の不満,消化

    「倍返ししたいと思ったことがある」サラリーマンは約4割

    これまで仕事の場において「倍返しをしたい(不当な思いをして仕返しをしたい)」と思ったことがあるかどうかを尋ねた質問では、約4割の人が「ある」と回答しました【図4】。

    そう思った場面を聞いた質問では、「理不尽な内容で叱責されたとき(30歳男性)」「上司の失敗の責任を取らされたとき(33歳男性)」「みんなの目の前で書類を投げつけられて罵倒されたとき(31歳女)」といった回答が出ました。言動の理不尽さ、失敗の擦り付け、困っていてもフォローが無いといった上司の行動が「仕返ししたい」対象になるようです。

    今回の調査では。ドラマ「半沢直樹」の主人公が銀行員であることから、銀行にお勤めの方を一定数含んで行いました。倍返しに関する質問においては全体と比較して、「思ったことがある」と答えた銀行員男性が若干上回った結果となりました【図5】。

    【図4】倍返し640

    【図5】倍返し、銀行員

    ▼参考リンク:半沢直樹
    http://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/
    池井戸潤氏の小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」をもとに、現在TBS系列「日曜劇場」において放映されているテレビドラマ。バブル末期に大手都市銀行に入行した半沢直樹が、銀行内外の人間や組織による数々の圧力や逆境と戦う姿を描いている。

    調査を実施した実行委員会のコメント

    「リーダーになりたくない」と回答した33歳以下の若手が7割もいたことは、多いという印象だ。現状のチームに満足していながらもリーダーとしてまとめることや、チームを率いることが「面倒」と思う若手ビジネスパーソンが多いのは、「あのようになりたい」と、理想とするリーダーが身近にいないともとれる。また、女性のリーダー志望の低さも気になる点だ。
    チームでの仕事の不満の要素は、そのまま現在のリーダーが、この3点ができているかどうかのチェック項目ともなるであろう。倍返ししたいと思ったことがあると回答した人が4割いることは、決して低くはない。現在リーダーの立場にある人は、「コミュニケーション」「役割分担」「効率性」に加え、「理不尽なことをしていないか」「失敗を擦り付けていないか」「部下をフォローしているか」も、今一度見直してみてほしい。

    実行委員会では、今後もチームワークに関する調査を実施し、発信してまいります。

    ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会

    職場での「チームワーク」向上を目的に結成されました。毎年「いいチーム(11/26)の日」に、その年に顕著な業績を残した優れたチームを表彰するアワード「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」を開催しています。これまでの最優秀賞には、小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトチーム(2010年度)や、京速コンピューター「京」開発チーム(2011年度)、東武タワースカイツリー株式会社東京スカイツリー運営チーム(2012年度)が受賞しています。

    ※「いいチームの日(11/26)」は、日本記念日協会認定の記念日です。

    報道関係者からのお問い合わせ先

    ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会 事務局 椋田(むくた)
    〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階
    TEL: 03-6316-1160 / FAX: 03-5805-9036 / MAIL: contact@team-work.jp

    photo credit: caiteesmith photography. via photopin cc

    メディア掲載

    「倍返ししたいと思ったことがある」サラリーマンは約4割! [マイナビウーマン]

    若手の7割が「リーダーになりたくない」、「倍返しをしたいと思ったことがある」4割 [MarkeZine]

    会社員の約4割が「倍返し」したい経験 - 理不尽な叱責、責任のなすりつけ [マイナビニュース]

    24~33歳のビジネスパーソンに聞く、「倍返しをしたい」と思ったことがある? [Business Media 誠]

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    pagetop