3年前の「はやぶさ型」新入社員は今? 仕事にやりがい感じつつも、8割が「転職を考えたことがある」

3年前の新入社員は今?「4年目社員の現在の仕事に関する調査」

「はやぶさ型」社員、ミッションにやりがいを感じつつも 音信不通になる可能性が8割――転職を考えたことがある人が約8割、恋人の有無は半々
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その年の「ベストチーム」を表彰し、日本のチームワークの向上と促進を提案するベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会(委員長:齋藤孝:明治大学教授、以下:実行委員会)は、若者のチームワークに関する調査の第10弾として、この4月から社会人4年目となる2011年4月入社のビジネスパーソン約400人に「現在の仕事に関する調査」を行いました。

社会人になってから丸3年経ち、4年目を迎えた社員は職場のチームにおいてリーダー候補となり得る世代でもあります。この世代は、毎年恒例の(財)日本生産性本部発表の「新入社員の特徴とタイプ(2011年度)」において、宇宙探査機の「はやぶさ型」と命名され、“ハラハラさせられるが、長い目で見ればあきらめずに根気よくシグナルを送り続けることが肝心だ”と、迎え入れる側へのメッセージが発表されました。

調査の結果、4年目社員は、現在の仕事に「やりがいを感じている」が、社内に「ロールモデルとなる人が少なく」、転職を「考えたこともある」という状態であることがわかりました。私生活においては、恋人がいる人/いない人が半々に分かれました。

調査概要
調査対象 2011年4月新卒入社(短大以上卒)の社会人男女397名
調査期間 2014年4月2日~5日
調査方法 インターネット調査

現在の仕事に「やりがいを感じている」は6割 転職を「考えたことがある」は約8割

現在担当している仕事に対しての想いを尋ねた質問では、「面白さややりがいを感じている」と回答した人が6割いました【図1】。一方で、転職検討の有無について尋ねた質問では、転職を「考えたことがある」と答えた人が約8割いました【図2】。

「仕事のやりがい」と「転職検討の有無」をクロス集計をしたところ、「仕事へ面白さややりがいを感じていないが、転職を考えたことはない人」も2割いることがわかりました。

【図1】 仕事のやりがいについて(図はクリックで拡大されます)

  q1.jpg

【図2】 転職を考えたことがありますか?

q2.jpg

社内にロールモデル「いない」約6割 「ロールモデルの存在」と「仕事のやりがい」に関係性あり?

現在の会社に、ロールモデルとなる上司や先輩の有無を聞いた質問では「いない」と答えた人が約6割いました【図3】。前問の「仕事のやりがい」の質問とクロス集計したところ、「社内にロールモデルがいない」と回答した人の半数が「仕事の面白さややりがいを感じていない」ことがわかり、ロールモデルがいる人と比べてやりがいの感じ方に差異がでました【図4】。

【図3】 社内にロールモデルとなる上司や先輩はいますか?

q3.jpg

【図4】 「ロールモデルの存在」×「仕事のやりがい」

g1.jpg

恋人の存在は「いる」「いない」が明確に

プライベートについて尋ねた質問では、恋人が「いる」と答えた人が約4割、「いない」も約4割でした。15%の人が「結婚」しており、片思い中の人が1割いました。【図5】。

【図5】 4年目社員の恋人の存在

q4.jpg

今年入社社員へのメッセージは 「壁を乗り越えろ」が多数

この4月に入社する新卒社員へ向けたメッセージの自由回答では、「壁を乗り越えろ」というメッセージが多くありました。その他「チャレンジ」「失敗を恐れるな」といったメッセージがみられました【表1】

【表1】 新入社員へのメッセージ(一部)

zu1.jpg

まとめ

今回の調査では、仕事に「やりがい」を感じつつある人が多い一方で、「ロールモデル不在」や「転職を考えたことがある」など、4年目社員の現状が浮き彫りになりました。

2011年入社の社員は、毎年恒例の(財)日本生産性本部発表の「新入社員の特徴とタイプ」において、震災のため発表が一旦は見送られたものの、後ほど「はやぶさ型」と命名され、“ハラハラさせられるが、長い目で見ればあきらめずに根気よくシグナルを送り続けることが肝心だ”と、迎え入れる側へのメッセージが発表されました。

新人へ「壁を乗り越えろ」というメッセージが多いということは、なんらかの壁を乗り越えてきた経験があるとも推測されます。職場のロールモデル不在が、仕事のやりがいに影響を及ぼしうるという興味深い結果がでましたが、4年目社員を抱えるチームのマネージャー・リーダーは、自らがロールモデルなっているかどうか確認しつつ、4年目社員が壁を乗り越えてきたことを承認するシグナルや、期待しているといったシグナルを“根気よく送り続ける”ことが大事なのかもしれません。

実行委員会では、今後もチームワークに関する調査を行い、発信してまいります。

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会とは

職場での「チームワーク」向上を目的に2008年から活動を開始しました。毎年「いいチーム(11/26)の日」に、その年に顕著な業績を残した優れたチームを表彰するアワード「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」を開催しています。

これまでの最優秀賞には、小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトチーム(2010年)や京速コンピューター「京」開発チーム(2011年)、東武タワースカイツリー株式会社東京スカイツリー運営チーム(2012年)、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会(2013年)が受賞しています。

※「いいチームの日(11/26)」は、日本記念日協会認定の記念日です。

報道関係者からのお問い合わせ先

ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会 事務局 椋田(むくた)

〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12階

TEL: 03-6316-1160 / FAX: 03-5805-9036 / MAIL: contact@team-work.jp

(イラスト:マツナガエイコ)

メディア掲載

社会人4年目の人に聞く、転職を考えたことがありますか? [Business Media 誠]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

pagetop