team_kokuban.jpg



OUR VISION CAMPUS
ハタチまでに学びたい未来のつくり方 ── 生徒募集!

社会に必要な「チームワーク」を学ぶ1日



みんなは「自分の未来」のこと、どこまで考えているだろう?

もしかすると、日々の勉強や部活に追われて「そんなこと考えてる暇なんかないよ」って思うかも知れないね。

そんな君のために、夏休みの1日、いろんな世界を体験している大人や、同じ世代の同級生たちの姿を見て、ちょっと「自分の未来」について考える時間を持ってみない?

社会に出て生きていくためには、ひとりの力でできることは限られていて、同世代や年の離れた人たち、外国の人などあらゆる人と「協力」していろんなことを実現していくことが求められる。

そのときに必要になってくる「チーム」という考え方。「チーム」でいろんなことをするために、「自分にできること」や「自分の得意なこと」を知っておくことはとても大きな一歩になる。

そして、チームの力が大きくなると、想像できなかったり、無理だと思っていたことさえ、できる可能性が見えてくるんだ。

この日の授業すべてに“正解”はなく、点数をつけて評価を競い合うものもなし!それはみなさんがこれから飛び出す社会も同じ。

世の中には、正解や点数がないからこそ、そして「チーム」で動くからこそ、楽しい!やりがいがある!ということがたくさん待っている。

これから進学したり、社会に出る前に、たくさんの可能性ある「自分」をさらに大きくするために、いろんな人たちと学ぶ夏の1日をつくってみよう!

今回の授業の講師

OUR TEACHER

1限目 世の中のすべてがわかる「フレームワーク」と「メソッド」

今回のすべての授業の基礎となる「チームワークに必要なメソッド」と、世の中の出来事がこの1つで説明できる「フレームワーク」について教えます。これさえ知っていれば君の未来は間違いなし!自分の「強み」を知る方法、わかりやすい「世の中の見方」、自分のやりたいことできることの見つけ方を学びましょう。


先生

119_o.jpg

青野慶久さん

サイボウズ株式会社 社長

1971年、愛媛県生まれ。大阪大学工学部卒業後、松下電工株式会社を経て、1997年、愛媛県松山市でサイボウズ株式会社を設立、 2005年4月に代表取締役社長に就任。「チームあるところサイボウズあり」を社是に、企業活動を通じてチームワークあふれる社会を創ることを目指している。



2限目 選手だけじゃない! スポーツと「仕事」について考えよう

私たちに身近なスポーツの1つ「サッカー」を題材に、世の中にたくさんある「職業」について考えます。スポーツの世界にはどんな仕事がある?どんな仕事に興味がある?ブレーンストーミングや実際に働く人の話を聞き、Jリーグやサッカーを取り巻く「仕事」について考えます。


先生

terai.jpg

Jリーグ版 よのなか科

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)

Jリーグは、2010年より、Jリーグのクラブに所属しプロサッカー選手を目指すアカデミーの中高生に向けて、「キャリア・デザイン・サポートプログラム(Jリーグ版 よのなか科)」を実施しています。今回はその中から特別に、サッカー界を取り巻く「職業」と、「意志」「役割」「能力」の関係を考える授業を行います。



3限目 なぜ僕は高校生で会社を作ったのか

不登校時代を経て、高校時代にイベント制作会社を立ち上げて人生を変えていった元高校生社長の小幡さん。「理想」の持ち方や、やりたいこととその実行力、周りを巻き込む力について考えてみましょう。


先生

nakayama.jpg

小幡和輝さん

1994年生まれ。10年近く不登校を経験。当時は一日のほとんどをゲームをして過ごしていた。中学校を卒業後、和歌山県立耐久高校定時制に入学し、校内、校外でさまざまな経験、人と出会い人生が大きく変わる。その経験から2013年2月にイベント制作会社和ーなごみを起業し高校生社長となり、3月には日本初となる高校生だけで経営するカフェ「ESPOIR」を設立。2015年には世界的な学生起業家のプレゼンテーションアワードGSEAで、ワシントンD.Cで開催された世界大会に日本代表として出場した。7月より学生と社長のマッチングメディア「社長訪問」を立ち上げ代表となる。


4限目 高校生の私に「できること」って何? 好きを極めて見つけたこと

現役の高校生であり、将棋のプロでありながらも、現在は学校の将棋部でマネージャーを務める竹俣さん。高校生の今だから「できること」、そして「やりたいこと」「やるべきこと」について一緒に考えます。


先生

kuryu.jpg

竹俣紅さん

現役高校生女流棋士

1998年生まれ。小学生のころに将棋を始めたきっかけは「もともと漢字が好きで、駒に漢字がいっぱい書いてあったから」。2010年、小学生として史上初めて女流王将戦の本戦に進んだ。中学生だった12年7月に女流棋士の資格を取得、10月から女流2級でデビュー。今年7月に女流1級。




5限目 私たちの時代の新しい「お金」との付き合い方

「お金」ってどのくらいほしい?どのくらいあれば幸せになれるんだろう? 私たちにとって、とても身近な「お金」について考えてみます。自分の将来を考えるときに、自分の「やりたいこと」のために「お金」とどのように付き合えばいいのか。たくさんのお金に関わってきた先生の経験談を踏まえてお話します。


先生

nakayama.jpg

新井和宏さん

鎌倉投信株式会社 取締役/資産運用部長

1968年生まれ。東京理科大学工学部卒。 1992年に現・三井住友信託銀行に入社。2000年に現・ブラックロック・ジャパンに入社。企業年金・公的年金などを中心に、株式、為替、資産配分等、多岐にわたる運用業務に従事し、ファンドマネージャーとして数兆円を動かした実績がある。2008年11月、志を同じくする仲間4人と、鎌倉投信株式会社を創業。最近の著書に「投資は「きれいごと」で成功する――「あたたかい金融」で日本一をとった鎌倉投信の非常識な投資のルール」がある。


6限目 卒業したら政治参加!? 私たちの身近になる「選挙」

法律が改正されて、18歳から選挙で投票を行えるようになりました。選挙って、具体的に何をどうすればいいのでしょう?今回は現在の政治、政党について説明しながら「模擬選挙」をしてみます。理想の社会はどんな社会?現実はどう?政治と自分の生活との関連について考えてみましょう。


先生

nakayama.jpg

林大介さん

東洋大学 社会学部 助教

1976年生まれ。大学生時代から20年以上「子ども系・教育系NPO」で活動を重ねてきました。特に、「未来を担う子ども・若者の社会参加・参画の場の創造」をキーワードに、教育、福祉、少子高齢、環境、年金、国際協調など様々な分野に次世代が参画できる場の創出を目指し、「子どもの権利」「子ども参加」「主権者教育・シティズンシップ教育」などをテーマにした講座・ワークショップの企画やコーディネート、ファシリテートなどで全国各地を訪問している。


日時、参加対象者、得られること

ACQUISITION OF OUR VISION CAMPUS

日時

  • 8月10日(月)8時40分 授業開始 16時30分頃 終了予定
  • ※詳細の授業時間や持ち物については、参加申し込みをされた方にお伝えいたします。


参加対象者

  • ・現役高校生、高等専門学校生、定時制高校生 【定員は40名です】
  • ・授業料は無料です(会場までの往復交通費は自己負担となります)
  • ・一人での参加もOK! ただし、ワークショップが入る授業もありますのでその際は近くの席の子とグループになる可能性もあります
  • ・この日1日の授業すべてに参加できる方が対象です(いずれかの授業のみという受け方はできません)
  • ※テレビや雑誌、webニュース等の取材が入る可能性があるため、保護者の方の承認が取れる方


授業を通して得られること

  • ・「社会人に必要なこと」が体感できます
  • ・学校は違うけど同じ世代の仲間を見つけられます
  • ・「自分の将来について考える機会」となります

申し込み方法

SUBSCRIPTION OF OUR VISION CAMPUS

申し込みは締め切りました。

当日の様子は、サイボウズチャンネルをご覧ください。

当日はニコニコ生放送の公式放送にて配信し、約5万人超の方にご来場いただきました。ありがとうございました。

場所

THE VENUE OUR VISION CAMPUS

サイボウズ株式会社 セミナールーム


new_map_tokyo_l.png

※クリックしたら拡大されます

〒103-6028 東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階

TEL:03-4306-0808

■アクセス

日本橋駅:東西線・銀座線・浅草線。直結

東京駅 :JR線、丸ノ内線。八重洲北口より徒歩6分

三越前駅:銀座線・半蔵門線。B6出口より徒歩3分

pagetop

記載された商品名、各製品名は各社の登録商標または商標です。

Copyright © ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会